漢方スタイルクラブカードの締め日と支払い日

漢方スタイルクラブカードは還元率が高いため、メインで使うのに最適なカードです。

しかし、使った金額の約2%が戻ってくると思って、ガンガン使っていると支払いがピンチになることも。

ここでは、漢方スタイルクラブカードの「締め日」と「支払い日」について紹介します。

漢方スタイルクラブカードの「締め日」は、ずばり「月末」です。「月末締め」ということですね。1月なら31日、2月なら28日(うるう年は29日)になります。

一方、振替口座として登録した金融機関からの自動引き落とし日である「支払い日」「翌月27日」です。但し、27日が土曜・日曜・祝日など金融機関の休業日の場合は翌営業日が振替日となります。

締め日と支払い日の具体例

漢方スタイルクラブカードの利用と支払の流れを具体例で確認してみましょう。

1月31日が支払期限の税金の支払いのために、漢方スタイルクラブカードを使って、50,000円「nanacoクレジットチャージ」をしたとします。

※漢方スタイルクラブカードで「nanacoクレジットチャージ」を行い、間接的に税金・公共料金を支払う方法については以下のページを参考にしてください。

漢方スタイルクラブカードはnanacoチャージ最強カード

また、翌日の2月1日に、ANAのWebサイト「ANA SKY WEB」で50,000円の航空券を購入したと仮定します。

1月31日のnanacoクレジットチャージ利用分50,000円は、翌月の2月27日の支払い分に計上されます。利用日の27日後に請求が来る計算になります。

一方、2月1日にANAの航空券代の購入に利用した50,000円は、3月27日の支払い分に計上されます。利用日の53日後に請求が来る計算ですね。

漢方スタイルクラブカードを使いすぎて、翌月の支払いがピンチだなぁと感じた時は、可能であれば、月末のクレジット利用は少し我慢して翌月に回すといいですね。

漢方スタイルクラブカードの利用は計画的に♪

このページの先頭へ